サプライチェーン・ソリューション

サプライチェーンに関するモデルは、意思決定レベルの違いによって戦略(Strategic)、戦術(Tactical)、運営(Operational)の3つに分けて考えることができます。戦略的な意思決定を支援するためのモデルは、サプライチェーン全体を考慮したもので、運営に関する意思決定を支援するためのモデルは、一部に特化したものです。

提供ソリューション

拠点配置計画

ビジネスがグローバル化する中で、より効率的な物流ネットワークが必要とされています。工場や倉庫と顧客を結ぶ現状のネットワークでの生産量、物流量、輸送手段の選定に問題がないか、拠点統廃合や新設を考慮しながらもっとコストを下げる選択肢はないのかという検討を行う場合、人力による検討以外に数理最適化技術を活用することも他社との大きな差別化になります。Gurobi Optimizerを採用したMathNetworksにより、お客様の目的にあった最適な拠点の配置計画が実現できます。

配車計画

配車計画とは、配送センターから車両(トラック等)を利用して複数の顧客へ物資を運ぶ巡回輸送の計画のことです。配車計画では通常、車両(トラック等)の積載容量、1日の稼働時間の上限、入庫可能な車両(トラック等)の制限、入庫可能な曜日や時間帯、納期、突然の輸送依頼等の制約を考慮する必要があるため、人の手による計画立案では、手間と時間がかかります。また、計画立案熟練者と経験が浅い担当者では、計画された内容も異なってきてしまいます。配車計画にGurobi Optimizerを取り入れることで、複雑に絡みあった数々の制約を考慮しながら、お客様の目的に合う効率化された配車計画を瞬時に立案できるようになります。

生産計画・生産スケジューリング

ロットサイズは段取り替えの費用と時間が大きく影響するため、生産計画における重要項目です。しかし多くの生産現場では、簡単なルールや属人的な経験を頼りにして生産ロットを決めています。このやり方では、無駄な段取りや過剰在庫が発生するケースがあります。
Gurobi Optimizerを取り入れることで、資源制約や品目の生産順序に依存する段取り時間(または、費用)を考慮し、段取り替え費用や在庫費用のトレードオフを最適化することによって、非常に効率が高い生産計画を実現することができます。Gurobi Optimizerは様々な制約を考慮することができるので、生産計画や生産スケジューリングに影響を及ぼす様々な要素(例:ライン制約、納期、人員、エネルギー、在庫等)を考慮して、お客様の目的に合ったより効率的な計画立案やスケジューリングが可能になります。

在庫計画

調達地点での部品在庫や原料在庫、工場内での仕掛品在庫、倉庫内での流通在庫、小売店での完成品在庫。在庫はいたるところに存在し、サプライチェーンの血液とも言われています。
これらの在庫はその役割によって、サイクル在庫、ロットサイズ在庫、作り置き在庫、輸送中在庫、安全在庫に分類できます。サイクル在庫は発注頻度、作り置き在庫は残業費用、ロットサイズ在庫は段取り費用、輸送中在庫は輸送手段(費用)、安全在庫は品切れ費用とトレードオフ関係がありますが、Gurobi Optimizerを用いて在庫の最適化を行うことで、これらのトレードオフ費用を最小化することができます。

人員配置計画

日々の生産にあたり欠かせないリソースは、原材料、在庫、ライン、設備機器等以外に、人員もとても大事な要素です。特に、工程ごとに異なるスキルが要求されたり、高い経験が必要とされたりする場合、どのように人員を各工程に配置すればいいか等、生産量を考慮しながら日々計画する必要があります。さらには、勤務負荷の平準化や法的規制、突然の人員の欠員等も考慮しなくてはいけません。このような複雑な人員配置計画において、Gurobi Optimizerを採用したMathManpowerが威力を発揮します。MathMapnwerにより、誰もが短時間で最適な人員配置の計画を立てることができるようになります。

参考製品