直面する問題解決のために、数理最適化ができること

グローバル化された世界の今後

日々起こる世界中での出来事が、ビジネスに多大な影響を与えるグローバル化された世界。そんな世界の中で企業は、競合に打ち勝ち、ビジネスの勝者であり続ける命題を背負っています。立ち止まることはできず、常に前を向き、直面する困難や問題に立ち向かいながら最適な解決策を模索し続け、迅速に決断し、それを速やかに実行に移していきます。そのためには、最適な決断を支援するべき最新鋭のテクノロジーが要求されます。数理最適化は、お客様の迅速な意思決定を支援するための最善のテクノロジーです。数理最適化が、企業が直面する様々な難しい問題を解決へと導いていきます。

危機を回避するための拠点配置

グローバル企業は、生産拠点を自国だけではなく様々な国々に設けています。多種多様な様々な各国の事情を鑑みながら、常に最善の物流ネットワークを構築するよう努め、どんな時であっても(紛争、地震、疫病等)世界中のお客様への安定供給を確保するために、生産から物流までが止まることがないようにしなくてはいけません。そのためには、最適な物流ネットワークの構築が必要です。

ますます高まる人員の重要性

製造現場等で人手が必要となる製造ラインでは、どのように人員を現場で育成・教育していくのか、生産計画に沿ってスキルある人員をどのように配置すればいいか、また、各人員の作業量の平準化を考慮し従業員の満足度を向上していくべきか等、これら複雑な要素が絡み合った最適な人員計画が必要になります。
少子高齢化に直面している日本では、製造現場だけでなく、コールセンターや倉庫業務等多くのスタッフが必要とされる業務において、最適な人員配置の重要性が高まっています。

できうる限りのシステム自動化

少子高齢化が進む日本における対応だけでなく、海外生産拠点における効率的な運営等のため、数理最適化やAI等のテクノロジーを駆使し、できるだけ人が介入せずに様々な計画を立てることが重要になってきています。今までは経験や知識が豊富な熟練社員が立てていた様々な計画を、経験が浅い社員であっても、業務知識が十分でない社員であっても、誰もがより良い計画を立てることができるようになれば、企業は競争力を維持することができます。

最適な生産計画や生産スケジューリングの需要

生産計画が最適であれば、それは企業の収益により良い影響を直接与えます。また、さらにブレイクダウンして、最適な生産スケジューリングも可能であれば、さらにそれはより良い結果を企業にもたらします。様々な企業の複雑な生産工程を伴う、その企業の目的に沿った生産計画や生産スケジューリングにより、コスト削減、納期遵守、在庫最適化等を同時に達成できます。数理最適化により、最適な生産計画や生産スケジューリングが実現できます。