数理最適化ソリューション

直面する解決すべき問題のために、
数理最適化ができること

限りあるリソースをどのように配置・配分すれば最大の収益を得ることができるか、最良の意思決定は何か、市場のグローバル化や複雑化が進む中で直面する解決すべき難しい問題や課題を解決するため、企業は、より良い意思決定、的確な判断、迅速な対応が求められています。
検討すべき条件(制約条件)や要素(変数)の数が膨大な大規模問題も、数理最適化の採用で、迅速により良い解を見つけ出すことができ、今まで人の能力に依存していた時間を要する計画立案も、誰もがより良い計画を素早く立てることができるようになります。

近年では、Gurobi Optimizerの出現だけでなく、高速マシン環境の入手のしやすさもあり、現実のビジネスシーンにおける数理最適化による問題解決対応可能なソリューションの範囲が広まってきています。

直面する解決すべき問題のために、
数理最適化ができること

このような業種・分野において、
数理最適化が活用できます。

物流・運輸ソリューション

物流・運輸の分野において、効率化やコスト削減は、解決すべき重要な命題です。企業はあらゆるコストを常に意識し、クオリティを落とすことなく業務改善に取り組んでいかなくてはいけません。最適化技術は、企業ごとの固有な制約を考慮しながら、目的にあわせた価値ある「答え」を提供してくれます。

詳細

サプライチェーン・ソリューション

サプライチェーンに関するモデルは、意思決定レベルの違いによって戦略(Strategic)、戦術(Tactical)、運営(Operational)の3つに分けて考えることができます。戦略的な意思決定を支援するためのモデルは、サプライチェーン全体を考慮したもので、運営に関する意思決定を支援するためのモデルは、一部に特化したものです。数理最適化はこれら全てのレベルにおいて、企業が抱える難解な課題の解決をサポートします。

詳細

エネルギー・ソリューション

東日本大震災以降、効率化され安定した電力供給実現のため、発電やエネルギー利用の効率化等で数理最適化の採用がエネルギー業界で急速に進んでいます。また、近年では、地球温暖化への対応としてカーボンニュートラル(炭素中立)も、求められてきています。企業では、工場やオフィスビルの使用電力効率化のためのソリューションが求められています。

詳細

金融ソリューション

金融分野で代表的な最適化問題といえば「ポートフォリオの最適化」。これは、投資家がリスクとリターンを鑑みながら、最適な投資対象(株式や債券などの有価証券)などの組み合わせ(ポートフォリオ)を決める問題。Gurobi Optimizerは、ポートフォリオの最適化、クレジットスコア予測、ローン・コンフィギュレーション等の分野に採用されています。

詳細

その他の産業のソリューション

最適化の考え方や手法は、抽象的、普遍的なものです。応用することで、広告や自動車製造、バイオテクノロジーなどのあらゆる産業分野に適応させることができます。
数理最適化は、様々な産業の多種多様なソリューションで活用ができます。数理最適化が支援できない産業はないといっても、過言ではありません。

詳細