新機能によるブレイクスルー

【非凸な混合整数二次制約(MIQCP)のサポート】
非凸な二次計画問題(QP、QCP、MIQP、MIQCP)を求解可能な双線形ソルバーを、追加しました。
この新機能により、例えば、中間生成物を伴う古典的な配合問題に対する大域的最適解を見つけることが可能になります。

パフォーマンスの改良

Gurobi Optimizer バージョン9.0 では、ソルバーの速度と性能の限界に挑戦しました。
バージョン8.1と比較して、総体的に以下のパフォーマンス改良を実現しました。

LP(線形計画)デフォルトパラメータ設定で7%の速度向上を実現
バリア(内点)法7%の速度向上を実現、AVX512をサポートしているコンピュータでは、追加で4%の速度が向上
MILP(混合整数計画)全体で18%の速度向上を達成し、求解に100秒以上かかる難しい問題では26%の速度向上を実現
MIQCP(混合整数二次制約)24%の速度向上を実現

機能拡張

【Python Matrix API】
新たな機能が、あなたの開発作業をより簡略にします。PythonAPIで、NumPyまたはSciPyの行列を用いたMatrix APIのサポートを開始しました。

【区分線形関数制約のサポート】
区分線形関数に関する制約APIをサポートしました。

【自動区分線形変換による関数制約のサポート】
今回のリリースでは、9つの基本的な1変数非線形関数に対応する制約を追加しました。サポートする関数には多項式関数、指数関数、対数関数と三角関数を含みます。これらは、自動的に区分線形関数に近似された上で実現されます。

【MIP シナリオ分析】
新しく追加されたMIPシナリオ分析では、モデルに対していくつかの変化(変数の上下限値や定数の変更)を与え、その変化が、実際に解に対してどれほどのインパクトを持つかを調査することが可能です。

【新たに改善されたヒューリスティクス】
これまでより、さらに効果的な解の改善ヒューリスティクスを追加しました。

【暫定解のソリューションファイル】
MIP求解の途中に見つかった暫定解に対するソリューションファイルを、暫定解更新時に出力できるようになりました。

Gurobi 計算サーバの新機能

オンプレミスおよびプライベートクラウド配備のための新機能を実現しました。

【新たなクラスタマネージャ】
クラスタマネージャは計算サーバと同時に、インストール可能なサーバ用のコンポーネントです。ユーザ認証およびAPIキーによる、より良いセキュリティを提供します。また、インタラクティブなタスク、そうでないタスクを統一的に制御可能にし、計算サーバの機能を拡張します。

【バッチモードとAPI】
クラスタマネージャによりユーザは、インタラクティブ性を必要としないタスクをバッチとして扱うことが可能です。クライアントは、ローカル環境でモデルを生成し、サーバへ送付し、その後サーバとの接続を一旦切ることができます。サーバ上で処理が終了した後に、クライアントは改めて結果の確認ができます。

【新たなWEBユーザインタフェース】
クラスタマネージャによりユーザは、アカウント、クラスタ、ジョブ、バッチ等の情報を容易に管理することが可能です。ユーザは、バッチとして扱いたいモデルをドラッグアンドドロップにより、アップロードすることもできます。

【ジョブ/バッチのヒストリー】
クラスタマネージャでは、投入されたジョブとバッチの実行を継続的に記録しています。ユーザはクラスタの利用状況を、ユーザ、アプリケーション、時間枠で確認できます。

【計算サーバ上での遅延制約のサポート】
計算サーバで、遅延制約によるモデルが実行可能になりました。